画像補正

本章を読む前に、いくつかのポイントがあるのでご注意ください。

スライダーはアクションではなく、各オプションの補正レベルを表しています。画像解析の結果により動的な、個別な画像補正を行います。
スライダーの位置は中央にあり、値は0である時は、デフォルト設定になっていることを示してます。0は補正処理を行わないことではありません。機能を完全に無効するには、チェックボックスのチェックを外してください。
設定の詳細に関しては、「最適な画像補正のチューニング方法」を参照してください。

jp-imageenhancement-1

シャープネス
処理後の画像のシャープネスのレベルを設定することができます。シャープネスのレベル、ピクセル数、ノイズなど元画像の特性により、アンシャープマスクの半径、閾値及び量の値を定義することが出来ます。

明るさ
処理後の画像の明るさレベルを設定することができます。明るさ補正レベルは画像の特性にも依存します。夜間に撮影された画像とウインタースポーツの画像は同じ明るさのレベルで補正処理を行いません。

コントラスト
処理後の画像のコントラストレベルを設定することが出来ます。

彩度
処理後の画像の彩度レベルを設定することが出来ます。

白黒
処理後の画像の白黒ポイントを設定することが出来ます。詳細設定では本機能に対する高度な設定をすることができます。

ノイズの多い画像にノイズフィルタを適用

ノイズ解析の結果に基づいてノイズフィルタを適用します。

シャドウのローカルコントラストフィルタを適用

画像の暗い部分のコントラストを上げます。

ハイライトのローカルコントラストフィルタを適用
明るい部分の詳細を維持しながら中間調とハイライトのコントラストを改善します。「スキントーンを除外する」オプションは、コントラストの調整により肌の状態よくない部分が目立ちなることを回避することができます。新聞業界では、コントラストの調整により顔の輪郭を深める傾向があり、このオプションはあまり使用されていません。高品質の画像を要求する印刷業界には、「スキントーンを除外する」オプションを使用することをお薦めします。

カラーバランス
画像のカラーキャストを削除します。

JPEGアーティファクトを抑制
画像内のJPGアーティファクトを減らします。

jp-imageenhancement-2

画像補正詳細設定

ブラックポイントパーセンテージ
画像のブラックポイント値を調整することができます。デフォルト値は100%です。

100%:ClaroがRGB値10のブラックポイントを検出した場合、そのポイントは0(ブラック)に設定され、その他のヒストグラムはそれに応じて調整されます。

50%:ClaroがRGB値10のブラックポイントを検出した場合、そのポイントは5(補正50%)に設定され、その他のヒストグラムはそれに応じて調整されます。

注:Claroがブラックポイント0(すでに黒の状態)を検出した場合、補正する必要がありません。その場合は、ここに何パーセントに設定されても効果は変わりません。そのため、この機能はブラック値の最小値を設定する機能ではありません。最小値を設定したい場合はいくつかの方法で満たすことができます。方法は出力ICCプロファイル、曲線(出力変換)及びブラックリミットになります。

ホワイトポイントパーセンテージ
画像のホワイト値を調整することができます。デフォルト値は100%です。

100%:ClaroがRGB値245のホワイトポイントを検出した場合、そのポイントは255(ホワイト)に設定され、その他のヒストグラムはそれに応じて調整されます。

50%:ClaroがRGB値245のホワイトポイントを検出した場合、そのポイントは250(補正50%)に設定され、その他のヒストグラムはそれに応じて調整されます。

注:Claroがホワイトポイント255(すでに白の状態)を検出した場合、補正する必要がありません。その場合は、ここに何パーセントに設定されても効果は変わりません。そのため、この機能はホワイト値の最大値を設定する機能ではありません。最大値を設定したい場合はいくつかの方法で満たすことができます。方法は出力ICCプロファイル、曲線(出力変換)及びホワイトリミットになります。

ブラックポイントクリッピング
ブラックポイントの設定は、一定比率のピクセルを「クリップ」する必要があります。画像ノイズがあるため、画像には常にブラックピクセル(RGB値0)があります。ただし、Claroの処理はノイズを除外し、「本当」のブラックポイントを検出したいです。デフォルトのクリップイング率は0.1%です。この値はPhotoshopでも使用されている標準値です。コントラスト値が上げられた画像、またはノイズの多い画像でブラックポイントを探し出すため、この値は大きくする必要があります。通常の設定値は0.1から0.5の間ですが、元画像の品質により設定数値も異なります。

ホワイトポイントクリッピング
ホワイトポイントの設定は、一定比率のピクセルを「クリップ」する必要があります。画像ノイズがあるため、画像には常にブラックピクセル(RGB値255)があります。ただし、Claroの処理はノイズを除外し、「本当」のホワイトポイントを検出したいです。(光点または太陽の反射などのハイライトも除外する場合)デフォルトのクリップイング率は0.1%です。この値はPhotoshopでも使用されている標準値です。コントラスト値が上げられた画像、またはノイズの多い画像でホワイトポイントを探し出すため、この値は大きくする必要があります。通常の設定値は0.1から0.5の間ですが、元画像の品質により設定数値も異なります。

ブラックリミット
印刷アプリケーションでは白領域に最小ドット、黒領域に最大ドットを存在することが必要な場合があります。この条件を満たせるには、出力用ICCプロファイルの関数を設定する機能があります。但し、ヒストグラムの情報を純粋な白と黒の間に拡げないように、出力プロファイルと部分的に逆にすることで、黒と白の点を設定する際に黒の制限と白の制限することが出来ます。

注記:RGB値の設定のため、ブラック値は0でホワイト値は255になります。

輝度モードでのノイズフィルタ補正適用
画像をLABカラースペースに変換し、L(輝度)チャネルのみノイズフィルタリングを適用します。カラーはそのまま維持し、バンディングが回避されます。ただし、ノイズフィルタの効果も減少します。

輝度モードでのコントラスト補正適用
画像をLABカラースペースに変換し、L(輝度)チャネルでのみにコントラスト補正を適用します。この設定により、RGBチャネルにコントラスト補正を適応された場合は彩度の増加を防止することができます。

中間調のみ輝度補正を適応する
デフォルトでは、輝度補正が必要な場合はガンマ値のカーブを使用して補正を適用します。暗い領域ではガンマ値のカーブが強くなり、明るい領域では暗くなります。これはPhotoshopでも使用しているデフォルトの輝度補正曲線です。このオプションを有効にすると、中間調で最も補正効果が強いベル型の曲線を使用します。

Print Friendly, PDF & Email

ELEARNING SEARCH

Questions?

ELPICAL

JOHN DE JONG

Phone +31 (0) 313 633 156
E-Mail [email protected]
Skype ELPICALJOHN
Sorry, it seems that your browser is outdated. You can quickly install an update below.
Download Here: