入力変換

処理前のデータのカラースペースからRGBカラースペースの色変換処理を行うオプションです。必要に応じて、RGB画像はオリジナルカラースペースで処理することができます。CMYK画像の場合はまずRGBワーキングカラースペースに変換する必要があります(スキップしない限り)。これらのカラー設定はAodbe Photoshopのカラー設定と類似しています。

jp-inputconversion-1

埋め込みICCプロファイルをソースプロファイルとして使用
埋め込まれたプロファイルは、画像のカラースペース情報をアプリケーションに伝えるためにあります。このオプションはプロファイルの正確さと、ソースファイルとして使用することが出来るかを判断します。

プロファイルが埋め込まれていないRGB画像のICCプロファイル
プロファイルが埋め込まれていない画像の想定カラースペースを選択します。Claroはカラースペース情報を識別する際にはexif情報をチェックするため、通常の場合は、カラースペースを識別することができないスキャン画像のみ適用されます。想定カラースペースの機能は、「埋め込みICCプロファイルをソースプロファイルとして使用」オプションがオフに設定された場合も動作します。

プロファイルが埋め込まれていないグレースケール画像のICCプロファイル
プロファイルが埋め込まれていないグレースケール画像の想定ICCプロファイルを選択します。グレースケール画像はRGBワーキングカラースペースに変換されません。それらの画像はグレースケールとして処理されます。出力変換の設定でグレースケール画像にプロファイルが選択された場合は、想定プロファイルがソースプロファイルとして使用されます。

プロファイルが埋め込まれていないCMYK画像の想定ICCプロファイル
プロファイルが埋め込まれていないCMYK画像の想定ICCプロファイルを選択します。ICCプロファイルはRGBワーキングカラースペースに変換するために使用されます。実際のカラースペースを確定した場合のみ、埋め込みプロファイルなしでCMYK画像の処理を行うことをお薦めします。プロファイル情報が無い、カラースペースが不明なCMYK画像の処理はスキップする必要があります。これは「埋め込まれたまたは想定されるICCプロファイルのないCMYK画像をフォルダにコピー」オプションを設定することができます。(下記参照)。これらの画像を処理しなければならない場合は、このオプションと出力変換の「カラー画像のICCプロファイルの出力」オプションを有効にしてください。

埋め込まれた、または想定されるICCプロファイルの無いCMYK画像をフォルダにコピー
埋め込みプロファイルが無い、また想定ICCプレファイルが無いCMYK画像がこのフォルダに保存されます。

ワーキングRGB ICCプレファイル
元の画像はRGBであり、そしてオプション「元のRGBを作業プロファイルとして使用」がチェックされていない場合、画像はこのカラースペースに変換及び処理されます。

レンダリングインテントを使用
作業プロファイルへの変換レンダリングインテントを選択することができます。デフォルト値は知覚(Perceptual)です。

マルチレイヤーオプション:
ドロップダウンメニューをクリックしてClaroに処理させるレイヤーを選択することができます。デフォルト値は互換レイヤーです。互換レイヤーの詳細と、多層レイヤー画像の使用方法については、「PSDサポート」を参照してください。

jp-inputconversion-2

デフォルトは、Claroの元画像である「互換レイヤー」になります。
上(可視):有効(可視)な最上位レイヤー
下(可視):有効(可視)な最下位レイヤー
名前付き:名前を指定されたレイヤーを処理する
上(実数):上位レイヤー(有効または無効)
下(実数):下位レイヤー、有効または無効
Layer0または互換レイヤー:互換レイヤーがある場合は互換レイヤーを処理し、それ以外の場合はLayer0になります。

Print Friendly, PDF & Email

ELEARNING SEARCH

Questions?

ELPICAL

JOHN DE JONG

Phone +31 (0) 313 633 156
E-Mail [email protected]
Skype ELPICALJOHN
Sorry, it seems that your browser is outdated. You can quickly install an update below.
Download Here: