サイズ

イメージのサイズ変更したりリサンプルする機能です。ユーザインタフェースでオプションを利用することが可能です。設定を変更する前に、必ずリサンプルのオプションを確認してください。

jp-size-1

DPI設定
有効にすると、画像のDPI値が指定された値に変更されます。

リサンプル
リサンプル処理が無効に設定された場合は、DPI値が設定すると(出力結果の)ピクセル数ではなく物理的な寸法(mmまたはinch)にサイズが変更されます。リサンプル処理が有効に設定された場合、物理的な寸法は変わらず、ピクセル数は設定した値に応じて変更されます。物理的な寸法が適正であると認識された場合のみリサンプルを使います。詳細については、「リサンプル処理を有効にするか」を参照してください。

リサンプルが有効に設定されたら、下記のドロップダウンメニューが表示されます。

jp-size-2

アップ/ダウンサンプル
ピクセル数を増減する場合も常にリサンプリングされます。

ダウンサンプルのみ
ピクセル数が減少した場合にのみリサンプリングされます。

アップサンプルのみ
ピクセル数が増加した場合にのみリサンプリングされます。

常にDPIを設定する
「ダウンサンプルのみ」または「アップサンプルのみ」オプションが有効に設定されていてもDPIの値が変更されます。

単位
出力結果のサイズ単位はmm、inchに選択することができます。

リサンプリング後の新しいサイズ
物理的寸法を設定することができます。オプション機能となっています。未入力の場合は、元画像の物理的寸法が維持されます。下記はドロップダウンメニューのキャプチャです:

jp-size-3

いずれかのオプションを選択(一つ目は空で、選択すると物理的サイズが変更されません)し、横にあるフィールドに設定したい値を入力します。下記の例を参照してくだい。

jp-size-4

jp-size-5

縦横比を維持したままサイズ変更を行います。上記「ボックスに合わせる(枠にはめ込まれる)」の例では、画像の最長辺は512ピクセルの場合、横辺は縦横比を維持してサイズを変更されます。

jp-size-6

縦横比を維持したままサイズ変更を行います。上記「縦横比率に応じてボックスに合わせる」の例では、横と縦の比率が指定された枠に画像の縦横の比率が等しくない場合は、画像は比例に従って上下左右からトリミングされます。

EXIF情報に基づいて方向を変更
ほとんどのオペレーティングシステムとアプリケーションは、EXIFメタデータにあるカメラ情報に基づいて正しい向き(縦または横)で画像を表示します。そのため、画像を正しく表示させるための回転などの作業は不要です。このオプションは物理的に画像を回転するとEXIF情報も同様に変更されます。

最大画像・ファイルサイズ
画像の処理時間に最も影響を与える要素の一つが画像を構成するピクセル数です。これらの設定は、大きな画像の最大サイズ(数百万ピクセル)制限を設定することができます。Claroメモリの不足問題(大きな画像の処理)と長時間の処理でパフォーマンスが停滞する問題をこちらの設定で回避することができます。

Print Friendly, PDF & Email

ELEARNING SEARCH

Questions?

ELPICAL

JOHN DE JONG

Phone +31 (0) 313 633 156
E-Mail [email protected]
Skype ELPICALJOHN
Sorry, it seems that your browser is outdated. You can quickly install an update below.
Download Here: